= 文京区 観光土産推奨品 認定 =

 このたび、白山牧場のスイートポテト・チーズケーキが
文京区観光協会観光土産品審査会において文京区の
優良適正な観光土産品として認められました。
 スタッフ一同、なおいっそう品質管理・向上に努めてまいります。
これからもよろしくお願い致します。


白山牧場

スイートポテト・チーズケーキ

                           『えっ、白山に牧場があるの?!』

 ふだん、私たちが飲んだり洋菓子づくりで使っている牛乳は、江戸時代末期のころは薬と考えられていたそうです。明治時代に入り、日常的に牛乳を飲むという西欧の習慣が取り入れられるようになり、首都東京の中心にも多数の牧場が現れました。真砂にある文京ふるさと歴史館を訪ね、さまざまな資料を見せていただくと、明治20年(1877)頃をピークに、当時酪農業の生産高第一位の東京の文京区内にも30におよぶ牧場があったことが記録されています。いただいた文京牛乳マップを詳しくみてみると、白山近辺にも10ヵ所もの牧場がありました。おもに武家屋敷跡地が牧場用地にあてられていたようです。小石川植物園のまわりにも萩原牧場や石渡牧場、竹早舎、興眞舎、嶺岡牧舎などがありました。現在のアスファルト道路やビル群などからは想像もつきませんが、当時の白山付近は牛の鳴き声が聞こえ、土の匂いのするのどかな地域だったようです。そのころ文京区内あった30に及ぶ牧場のうち、現在まで唯一残っているのがコーシン乳業(当時の興眞舎)で、文京区、台東区などの幼稚園・保育園や小・中学校の給食でおなじみのコーシン牛乳としていまも親しまれています(現在、本社は文京区向丘に、牧場及び工場は千葉県八千代市にあります)。
 昨年、コーシン乳業本社を訪ね、当時からの色々な話をうかがい、コーシン乳業の牧草栽培から乳牛の飼育、搾乳、殺菌処理、販売に至るまでの確立整備された一社一貫体制を知りました。このきわめて安全性が高く、また白山にゆかりのあるコーシン牛乳を使ってチーズケーキやスイートポテトを作りたいと考え、白山に牧場があった頃ののどかな景色や爽やかな風を思い浮かべながら白山牧場シリーズを作りました。





白山牧場<スイートポテト 5個入り>
¥918(税込み)

     <スイートポテト10個入り>
¥1728(税込み)




白山牧場<チーズケーキ 5個入り>¥918(税込み)

     <チーズケーキ10個入り>
¥1728(税込み)




=白山牧場のお好きな数のミックスもできます=

<チーズケーキ5個+スイートポテト5個>
¥1728(税込み)


                                               

                                            チーズケーキ             スイートポテト
                           1個 ¥151(税込み)           1個 ¥151(税込み)

                                      お口に広がるクリーミーでコクのある        さつまいもの自然な美味しさを
                        “まろやか”チーズ。フワっとやわらかい        丁寧に引き出しました。
                           食感が特徴。おやつにも便利な         だから砂糖は控えめ。ホクホクとした
                          日持ちするプチカップケーキです。          独特の食感も楽しめます。

                                                     皮も入って栄養満点!

                                         賞味期限:冷蔵庫にて5日間          賞味期限:常温にて1週間



      ☆ ご当地文京区白山のおみやげ、おもたせとしていかがですか 
                
                 (代金引換による全国発送も致します、お気軽にお問い合わせ下さい)